手作りの‶七夕飾り″で写真撮影をしよう

いつもご覧いただきありがとうございます☻


願い事を短冊に書いて笹の葉に飾る七夕。

本日はそんな“七夕写真”におすすめのアイテムをご紹介♪

お子さまと一緒に作って、飾って「一年に一度」の思い出写真を撮りませんか♪


――――――――――――――――――

❖七夕の願いは誰にする?
❖若気の至り!?織姫と彦星のお話
❖一気に七夕感!折り紙で作るカンタン七夕飾り✨

――――――――――――――――――

七夕の願いは誰にする?

七夕は、中国大陸・日本・韓国・台湾・ベトナムなどにおける節供・節日の一つで五節句の一つにも数えられるので別名「星祭り(ほしまつり)」ともいいます🌟

日本の七夕は、元来、中国での行事であった七夕が奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれました🎋


七夕に願いことをするというのは、中国の風習が関係しています。

昔の中国では、7月7日に見える「裁縫仕事の星」(織姫)にあやかり、はた織りや裁縫が上達するように、と祈りを捧げる行事「乞巧奠(きこうでん)」がありました。

そんな「乞巧奠」が奈良時代に日本へ伝わり、今の七夕に願い事をするという風習になったと言われています。

ですので、七夕の願いごとは織姫に向けて、ということになりますね👸


全国的に行われている短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られないそうです😲中国では短冊ではなく5色の糸をつるすそうです🧶



若気の至り?織姫と彦星のお話

👸織姫星(こと座の1等星ベガ)=機織の上手な働き者

👨彦星(わし座の1等星アルタイル)=牛飼いの働き者


🎋ーーーーーーーーーーーーーー🎋

二人は一目で恋に落ちめでたく結婚しましたが、結婚生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、彦星は牛を追わなくなってしまいました。
このため、織姫の父・天帝が怒り、天の川の両岸に引き離しました。ですが、織姫が泣いて悲しんだため年に一度七夕の夜にだけ会うことを許しました。
しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず彦星も彼女に会うことができないので、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれ、織姫と彦星が流す涙と言われています。

🎋ーーーーーーーーーーーーーー🎋


この織姫と彦星のお話には様々なバリエーションがありますが、大まかなストーリーは上記の説話です。結婚生活が楽しすぎた!なんて羨ましい話でもあります😁


余談ですが、織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)にはくちょう座のデネブを加えて、「夏の大三角」と呼ばれています。その中を天の川が流れています🌠(画像のピンクの矢印のあたり)

ちなみに天の川が良く見えるのは9月だそうです💡

※7月に東の空を見上げた時の見え方



一気に七夕感!折り紙で作る七夕飾り✨

七夕には習い事の上達を願うのが良いとされています✨他にも、「字がうまくなりたい」「勉強ができるようになりたい」といった願い事もオススメ🎵

そんな願いを込めながら、年に一度の七夕に「フォトジェニック」な写真を撮りませんか♪

一気に七夕感がでる、簡単に作成できる七夕飾りをご紹介!


用意するもの

はさみ・マスキングテープ・のり・色紙(折り紙やきれいな包装紙など)


★天の川★

★星飾り★

折り紙を使う場合は、一枚の紙だと薄くてうまくふっくらさせづらいかもしれません😓

その場合は2センチ程度に切って縦に折って紙を分厚くして作るとうまくいきました!

★変形貝飾り★

こちらは両面折り紙を使うととてもキレイな飾りになります♪(もちろん片面色紙でも美しいですよ♪)

お好きな色や柄の色紙で作ってくださいね☺



撮影したお写真はぜひカタチに!

フォトジェニックな写真は大判サイズでのプリントがおすすめ♪

A4用紙サイズに近い6切サイズは440円でプリントできます☻



📱スマホで写真プリントを注文する

💻パソコンで写真プリントを注文する

しまうまのブログ

「想い出をカタチに」 写真プリント・フォトブック・年賀状を ネットで注文できるサービスを運営しています。 写真を楽しむすべての人に、 しまうまプリントの魅力を知っていただければ何よりです。 https://www.n-pri.jp/

0コメント

  • 1000 / 1000