Googleフォト、何が変わったの?

いつもお読みいただきありがとうございます☺

昨日6/1から、

Googleフォトの仕様に大きな変更が加わりました!

今日は、何が変わったのかを改めてご説明いたします!


5/31まで日本では、以下二つのバックアップオプションがありました。

①高画質で保存(容量無制限、無料)

②元の画質で保存(フォト・Gmail・ドライブで共有、15GBまで無料)


今までは上述の通り高画質で保存すれば、何枚でも無料でGoogleフォトに写真を保存できましたが、

本日から、高画質で保存する場合も、フォト・Gmail・ドライブで共有の15GBにカウントされることとなりました。

つまり、フォト・Gmail・ドライブに保存しているファイルの合計が15GBに達すると、新しいファイルを保存できなくなったのです!

写真や動画をそれ以上保存できなくなってしまいますので、容量が不足する前に対応が必要となります。


Googleが推奨する対応策は、次の二つです。

①保存容量を追加購入する

②Googleフォトのストレージ管理ツールを利用して写真や動画の整理をする


①保存容量の追加購入

これはGoogle Oneというプランで、Google ドライブ、Gmail、Google フォト共通のストレージを追加で定期購入するという方法。

「タンスがいっぱいになったから、新しくタンスを買おう!」という対応策です。


100GB月額250円から購入することが可能です。

プランは以下の通り!

②ストレージ管理ツールを利用して写真や動画の整理をする

こちらは、不要なファイルを整理・削除することで空き容量を増やす方法。

「タンスがいっぱいになったから、もう着ない洋服を捨てて空きを増やそう!」という対応策です。

使用している端末によって方法が異なりますので、詳しくはGoogle公式のヘルプページをご覧ください👀


残りの容量を確認するには?

容量不足に対応するためには、まずストレージの容量を確認する必要がありますよね。

以下ではPCとスマホそれぞれでの確認方法をご説明いたします!


PCの場合

①Googleの検索画面にて、右上のアプリ一覧をクリックします!

ここから、「Google One」を選択!

②Google Oneに入ったら、「ストレージ」を選択

③ここで、どれだけ容量を使用しているかが確認できます!

スマホの場合

「Google One」を検索し、左上の三本線を選択する

②そこから、「ストレージ」を選択

③ここで、使用している保存容量を確認できます。

💡注意💡

6/1までに「高画質で保存」した写真と動画は、15GBにはカウントされませんが、

「元の画質で保存」した写真と動画は従来通りカウントされますのでご注意を!


有料化をきっかけに、久しぶりにGoogleフォトを開いた方も多いのではないでしょうか?

「そういえばこんなことあったな」

「このときすごく楽しかったんだよね」

などなど、当時に思いを巡らす機会にも💭


その写真、カタチにしてみませんか?

しまうまプリントなら、

Lサイズプリント1枚8円~、フォトブック1冊198円~というお手頃価格でカタチにすることができます!

どの写真をカタチにするか考える時間、届いた写真を手に取って見返す時間。

どちらも心が温まる素敵な時間です。

この機会にぜひ、この機会に想い出をカタチにしてみませんか?


ご注文完了まで料金は発生いたしませんので、お気軽に覗いてみてください👀✨

📱アプリで写真プリント・フォトブックを作ってみる

💻しまうまプリントのサイトで写真プリント・フォトブックを作ってみる



しまうまのブログ

「想い出をカタチに」 写真プリント・フォトブック・年賀状を ネットで注文できるサービスを運営しています。 写真を楽しむすべての人に、 しまうまプリントの魅力を知っていただければ何よりです。 https://www.n-pri.jp/

0コメント

  • 1000 / 1000