頭の片隅でずっと気になっている大切なモノ

いつもご覧いただきありがとうございます✨

“フォトライフ応援団“ 団長です



タイトルのとおり「頭の片隅でずーっと気になっているとても大切なモノ」

今回はその大切なモノを念願だったカタチにすることができました♪


大切なモノそれは「エコー写真」です

当時“どうやって保管したらいいの?”と悩みに悩んでやっと思いついた

「ジップ付きビニール袋に入れて、ポケットアルバムの1ページにセロテープで止める」

という保管方法のまま4年が経ってしまいました(←ズボラ・・)


エコー写真は感熱紙なので消える!

エコー写真をフォトブックにしよう!


どちらもよーく耳にしていて

ずっとずっと気になっていたけど手を付けられずにいました

なぜならそれはエコー写真をデータ化するスキャンの方法に悩んでいたから・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スキャニングの機械なんて持っていないし・・・

カメラで撮影すると光が反射して見づらくなるし・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


同じようにスキャンに悩んでる方多いのではないでしょうか😓


ですが、見つけました!解決方法!

そ・れ・は!! スキャンアプリです!!!


このアプリは、古い写真や絵などの紙物をカンタンにデータ化してくれるんです!

スマホで撮影する方法もありますが、どうしても光が反射したりして

キレイに撮れないことが多いです!でもこちらのアプリで撮影すると

光が反射してしまっても自動で除去してくれるんです!


このアプリを発見した時にピカーン☆!と頭の片隅から

エコー写真たちが顔を出しました!笑

今回このアプリを使ってエコー写真を見やすくきれいにデータ化することができ

フォトブックにすることができました♪

将来子どもと一緒に見返すために「あの時」を思い出して子どもに伝えたい想いをつづってください


私は、エコー写真と一緒に妊娠中のおなかの写真も配置しました!

マタニティフォトを数枚しか撮っていなかった、というのも「併せて1冊」にした理由です。。。

もちろん別々のフォトブックにするのも良いと思います!



産まれてから一度も見返さなかったエコー写真を目にした瞬間…

当時感じていた不安や期待、喜びが鮮明に蘇ってきました!


私がこんなにも感動して心が温かくなった「エコー写真」

子どもたちが出来上がったフォトブックを見たらどんな風に思ってくれるかな☺

みなさまも出来上がったらぜひお子さまに見せてあげてください💛


一昔前はエコー写真は高価なものだったそうです

今のように毎回検診でもらえるようになったのは

1980年代になってからだそうですよ😲


当たり前に超音波でお腹の子どもの様子がわかる時代だからこそ

妊娠中の想い出を将来自分の子どもに伝えることができるんですよね♪

お子さまへの愛情表現の一つとして「エコー写真フォトブック」

「マタニティフォトブック」をお作りいただくことを心からおススメします☆


今回私が使用した「スキャンアプリ」は

【フォトスキャンbyGoogleフォト】無料です!

他にもスキャンアプリが存在すると思うので、ご自分の好きなアプリを選んでくださいね!


「フォトスキャン」の使い方を紹介した記事があります!

どうぞそちらも参考になさってください♪

⇒「昔の写真を簡単スキャンして活用しよう!」


📙フォトブックの詳しい作り方はこちらから



ーーー

📱アプリインストールはこちら

💻パソコンからのご注文はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000