寒中見舞いっていつ出すの?

いつもご覧いただきありがとうございます✨


「年賀状を出していなかった方から年賀状が届いた・・・」

「年賀状をいただいたが、喪中で返信できなかった・・・」

そんなときに送るのが「寒中見舞い」


今回は寒中見舞いについての豆知識をまとめていきます!


寒中見舞いはがきとは?

寒中見舞いはがきは、寒くて体調を崩しがちな時期に、相手の健康を気遣うための便りで、季節の挨拶状のひとつです。

そのため、誰でも送ることができますが、季節的に年賀状のあとになるため、次のような場面でも使われます。

1. 年賀状をいただいたが、すぐに返信できなかった

2. 年賀状をいただいたが、喪中で返信できなかった

3. いただいた寒中見舞いに対する返信

4. 喪中と知らずに年賀状を出した時のお詫び

※年賀状は1月1日~1月7日ごろ(松の内まで)に届けるのがマナーです。


寒中見舞いはがきを出す時期

寒中見舞いの“寒中”とは松の内を過ぎてから大寒までを指し、寒中見舞いはその期間内に相手方に送るのがマナーです。

1月8日~「立春」の前日(2月の節分)までに届くように出すのがいいでしょう。



しまうまプリントでも寒中見舞いのご注文を受け付け中です⛄

受付は2021年1月29日(金)まで

▶ご注文はこちらから

0コメント

  • 1000 / 1000