もう困らない!園の作品の保管方法

いつもご覧いただきありがとうございます☻

フォトライフ応援団 団長です


進級や卒園を迎え、これまでの一年間の作品をご自宅に持ち帰ってきたみなさまどのように保管をしていますか?

園での作品って紙に絵を描いたものから立体的な作品など、カタチや大きさが様々でなかなか保管場所を取りますよね💧

保管場所がたくさんあればいいのですが、そうもいかないのが子育て世代!


そんなみなさまにおすすめの保管方法は・・・

作品をフォトブックに変身させる!

という方法です♪


大きさも揃えられて、立体的な作品も一枚の紙になるので、保管場所にも困りません!

持ち帰ってからほったらかしにしている作品を片付けましょう✨



「園の作品フォトブック」を作成する際のポイントは2つ!

◆作品を余白を多めに撮影する

作品の写真を撮るときは無地の背景にして、余白が多く出るように撮影


◆レイアウトするときは写真の向きを気にせずに!

写真をはめ込むレイアウトに合わせると画像が小さくなったり、大事な部分が欠けたりすることがありますが、気にせず写真のむきのまま配置しましょう


作品フォトブックにおすすめのサイズとレイアウトは

サイズ:A4

レイアウト:余白なしのコメント1行レイアウト

それでは、作成方法を見ていきましょう♪

大まかな手順は\4STEP/

 1.作品の撮影をする

 2.レイアウトを変更

 3.空白ページを埋めていく

 4.表紙の作成


ーーーーーー

1:作品の撮影をする

明るい室内がおすすめです!作品の周りの余白を多めにとって撮影してください!作品の向きに合わせてカメラを横、縦変えると良いですよ!

2:各ページのレイアウトを編集

余白なしのコメント一行レイアウトがおすすめ♪(製本の際に周りがカットされることがあるので注意してくださいね)

撮影した画像を向きを気にせず配置!

見る時に向きを変えれば良いので、作品を大きく配置するためにも画像の向きのまま配置してください

3:空白ページを埋める

最後の一枚まで配置して空白ページが残っている場合のおすすめの方法は

▸好きな作品の写真を見開きでレイアウト

▸空白ページのままにして完成後に子どもに何か書いてもらう

▸子どもの写真を配置する

4:最後に「表紙」を作成!

表紙の作成は最後がおすすめです♪

ーーーーーー


子どもの写真等、人の写真でつくるフォトブックは写真の向きを気にしがちですが

作品をフォトブックにする場合は、あまり気にしなくて大丈夫☻

          

見る時にくるっと向きを変える必要がありますが、作品一つ一つを鮮明に残した方が

見返したときに楽しいと思うので、作品にあった向きで撮影する方法を優先してくださいね♪

フォトブックのサイズも大きめがおすすめです!作品の細かいディテールも逃さず残せます✨


あくまでも一つの例ですので、写真の向きやサイズはご自身のお好きなもので作ってください☺



ーーー

📱アプリインストールはこちら

💻しまうまプリントのサイトはこちら

しまうまのブログ

「想い出をカタチに」 写真プリント・フォトブック・年賀状を ネットで注文できるサービスを運営しています。 写真を楽しむすべての人に、 しまうまプリントの魅力を知っていただければ何よりです。 https://www.n-pri.jp/

0コメント

  • 1000 / 1000